掲示板 読むたびに新しい

キーワードで探そう

このカテゴリ

タイトル/本文

検索

ハンゲ > 教えて/ハンゲ(1745)

閉じる

教えて/ハンゲ

ハンゲについて疑問に思ったことや知りたいことを、みんなで協力して解決する掲示板です。
教えてもらった方は、答えた方へ一言お礼を書いてくださいね。
仲良く楽しく交流し、お互いに知識を深めましょう。

■投稿前に【ハンゲご利用ルール】をご確認ください。

チェスについてどう思われますか?

checkmate007

海外では盛んに行われている「チェス」
だけど、日本ではチェスをする人はそれ程多くありません。
このハンゲームのチェスも、決して例外ではなく、
他のゲームと比較すれば少ないです。

そこで皆さんに質問です。
「チェス」と言うこのゲームにどのようなイメージを持たれておられるのでしょうか?
皆さんの中には「ルールだけは一応知っている」って方もおられると思いますが、
「またやってみよう」とか、「もうやりたくない」とか、
将棋と比較したご意見、他どのような事でも構いません。
色々ご意見が有ると思いますので、皆様のお考えを書き込んでください。

レス(97)

checkmate007

2011/07/05 20:44

チェスを題材にした映画には、

『Pawn Sacrifice』 デビット・フィンチャー監督

『美しき獲物 Knight Moves』 

『愛のエチュード』 マルレーン・ゴリス監督

が、有ります。一度レンタルして見てください(^-^)

checkmate007

checkmate007さんへ

チェスを題材にした映画には、 『Pawn Sacrifice』 デビット・フィンチャー監督 『美しき獲物 Knight Moves』  『愛のエチュード』 マルレーン・ゴリス監督 が、有ります。一度レンタルして見てください(^-^)

2011/07/06 00:03

↑上の書き込みの映画 『美しき獲物 Knight Moves』 は、カール・シェンケル監督の物です。↑

あと、ハリーポッターで、大きなチェス駒に乗って、魔界のチェスの対戦場面も有りましたね ヽ(^o^ )

checkmate007

checkmate007さんへ

囲碁がテーマ、舞台になった漫画、「ヒカルの碁」、将棋界モノでは、「月下の棋士」が有りますが、 チェスをテーマにした漫画は日本には存在するのでしょうか? もし、チェスを舞台にストーリーが繰り広げられる漫画を知っておられる方、 どうか書き込みお願いします<(_ _)>

2011/07/06 22:51

漫画『月下の棋士』で、ロシアを亡命した、チェス世界チャンピオンが登場するそうです。
将棋の駒を直立させて対局したり、持ち駒を使わないポリシーを持っている等、
チェスのやり方で将棋を指すそうです(^o^;)ゞ

checkmate007

checkmate007さんへ

漫画『月下の棋士』で、ロシアを亡命した、チェス世界チャンピオンが登場するそうです。 将棋の駒を直立させて対局したり、持ち駒を使わないポリシーを持っている等、 チェスのやり方で将棋を指すそうです(^o^;)ゞ

2011/07/10 13:59

漫画 『月下の棋士』 第19巻に登場する元チェス世界チャンピオン「イワン」は、昔、自分の父親と主人公「氷室将介」 の祖父が、チェスの対局を交わした事があると言う設定。
時代が第二次世界大戦終結間も無い事も影響し、その対局がイワンの父親を悲運へと追い込む事になった。そんな生い立ちを持つイワンは将棋に対する「憎悪」を持ちながら、自分の取った駒を対局で使わず、終盤戦では駒の少ない局面にしたり、対局中に駒を直立させる等、独自のチェス流将棋を指して行く。

この第19巻には、元チェス世界チャンピオンが登場するだけあって、回想シーン等でチェスの対戦風景も描かれている。本来の将棋の対戦シーン同様、チェスのボード上のピースも、見事な仕上がりで描かれておられる。作者の能條 純一氏の技量の表れだ。

それと、この第19巻は戦後の冷戦問題に一石を投じる物とも思われ、作者のグローバル感も感じられる一冊でもあると思う。

れぃポン

2011/07/11 01:23

マンガじゃないんですが、日本の小説でチェスを題材にしたのなら読んだことがありますよ

『猫を抱いて象と泳ぐ』 小川洋子(著)

これは評判も良く、面白かったです^^


私は高校生の時にオーストラリアにホームステイに行ったのですが、
その時にホストファミリーの人からチェスを教えてもらって毎晩チェスをやってもらってました。
面白かったから日本でもやりたい!って思って安いのを買って帰ったんだけど、
一緒にやってくれる人がいなかったので結局それ以来チェスはまったくやってないですねぇ
でも機会があればまたやりたいと思いますねー

checkmate007

れぃポンさんへ

マンガじゃないんですが、日本の小説でチェスを題材にしたのなら読んだことがありますよ 『猫を抱いて象と泳ぐ』 小川洋子(著) これは評判も良く、面白かったです^^ 私は高校生の時にオーストラリアにホームステイに行ったのですが、 その時にホストファミリーの人からチェスを教えてもらって毎晩チェスを

2011/07/11 07:01

書き込みありがとうございます。
芥川賞作家の小川洋子さんの作品は、数年前に映画化された物もありますし、
本人もラジオ番組のレギュラーを務められたり、
このところ女性パワーに圧倒される事が多いです。

この作品の中には、作者独自の 『チェス感』 を織り込みながら、
主人公の少年の切ない人生を綴っておられます。
冒頭に書かれていたチェスの駒の紹介にも独自性が表されていたのでメモしました。

キング  :決して追い詰められてはならない長老。
       全方向に1マスずつ、思慮深く。
クィーン :縦、横、斜め、どこへでも。最強の自由の象徴。
ビショップ:斜め移動の孤独な賢者。祖先に象を戴く。
ナイト   :敵味方を くの字に飛び越えてゆくペガサス。
ルーク  :縦横に突進する戦車。
ポーン  :決して後退しない、小さな勇者。

小川洋子さんは、この他にも短編作品の中でもチェスを題材にされておられるそうです。


れぃポンさんもチェスを覚えていながら、なかなか指す機会が無かったのですね。
是非ともこのハンゲでチェス友を作ってください。

†凛月

2011/07/16 13:40

単純にリアルでもできる人少ないし
ネットでも過疎ゲーだし、手つけにくいってイメージ

checkmate007

†凛月さんへ

単純にリアルでもできる人少ないし ネットでも過疎ゲーだし、手つけにくいってイメージ

2011/07/30 17:07

コメントが今頃になって申し訳ありません。

『チェスセット』なんかを見てどう思われますでしょうか?駒等の美しさは感じられますか?
もし、あなたが 『格好良い』 と思われたなら気に入ったチェスセットをインテリアとして飾っておくのはどうでしょうか?

そのためには市松模様のボードの正しい向きを覚えて、それぞれの駒の並べ方を覚えます。
チェスボードは正方形で、升目が偶数なため、将棋に馴れた人はよく間違えます。

ボードは白升が自分の右側になるように置き、自分の2列目にポーンを並べる。
キングとクィーンを真ん中に置くのですが、白の駒でしたらキングは黒升、クィーンは白升に。
逆に黒駒ならキングは白升、クィーンは黒升に置いて、丁度お互いのキングが目立つ色の升に
向かい合って立つ形になります。
キングとクィーンの横にはビショップ、その横にナイト、両端はルークになります。
駒の高さも、キングを頂点としたゆるやかな山型の曲線を描きます。

あと、駒の進め方や、将棋には無いチェス独自のルールー(キャスリング等)を覚えれば
部屋へ遊びに来た人への話題にもなって良いと思います。

checkmate007

checkmate007さんへ

チェスの駒やボード、チェスの用語等はよく用いられてますが、 チェスの世界を舞台にしてストーリーを繰り広げる漫画ってなかなか見付かりませんね(^_^;A そこで、皆様にお尋ねしたいのですが、 『なぜ、チェスを題材にストーリーが進められる漫画は無いのでしょうか?』 あなた特有の持論でも結構です、 「こう

2011/08/07 00:44

世界中のボードゲームの駒の中で、各駒の特徴が個性的で、最もデザインが美しいのはチェスです。
そのような駒を1つ描くだけでも大変な事。対局シーンを描くには、32個もの駒を描かなくてはならない。
それが、ストーリーを漫画で表現するなら対局シーンが1話だけでも何コマ出るか。
そうなると、毎回連載させる物となれば、締め切りに間に合うか・・・。

#チェス漫画を出そうとすれば、そう言う問題が発生しますよね(^_^;)#

checkmate007

2011/08/14 00:04

クラシック音楽の作曲家もチェスが大好きだった人達がいます。

シューマン、メンデレスゾーン、リヒアルト・シュトラウス、ドヴォルザーク、ロッシーニ、
ショパン、ベートーヴェン 達がそうです。

中でも、メンデレスゾーンは、音楽の才能だけではなくチェスの棋力も高かった様です。
(完全チェス読本1(若島正 訳)より)

checkmate007

2011/08/26 16:08

チェスのシーンが出てくる映画は、まだまだ有りますよ(^-^)
『生と死の問題』 マイダル・パウェル、エメリック・プレスバーガー

『第7の封印』 イングマル・ベルイマン

『カサブランカ』 マイケル・カーディス

『2001年宇宙の旅』 スタンリー・キューブリック

『イワン雷帝』 セルゲイ・エイゼンシュテイン

『チェスをする人』 サタジェット・レイ

『ブルージング・サドル』 マル・ブルッククス

『トマス・クラウン事件』 ノーマン・ジュイソン

『007 ロシアより愛をこめて』 テレンス・ヤング

(完全チェス読本1より)

残り少ない夏!レンタル店へ急げ!! 三三ヘ( ^o^)ノ

checkmate007

2011/11/24 03:59

僕が暫らくハンゲにログインしてなかったせいか、

夏から全然皆さんの書き込みが有りません・・・

どの様な事でも構いません、

チェスに関する情報でも、主観的な思いでも。

○○のチェス喫茶のアイスコーヒーは最高に美味しい!

とか

珍しいチェスセットの写真を投稿する等

何でも結構ですので、ドシドシ書き込みお願いします

ヤンデレ清姫

2011/12/01 13:46

西洋将棋。駒が美しい

キャスリングはともかく、アンパッサンなど将棋よりルールが難しい気がします

yeshurun

2011/12/03 07:02

やっぱり、書籍の充実度の問題でしょう・・・。

日本で見るのは入門的なものばっかりですからね。
海外ですと、トラップ(25手前後で決着が付きかねないもの)についてだけ解説されているものや、エンドゲームだけについての問題集とかがあります。

まるまる一冊、シシリアンへの注解書だったりとか、Qギャンビットの基礎と展開だけ集めたものとかですからね。

なので、その手の書籍が手に入る人と、入らない人との差が激しく出てしまい、知ってる人は良いけど、知らない人にはわけがわかんなくてつまらないってことになってるのかもしれませんね。

ちなみに、ロシア語版で7冊組みの入門書とかありますよ。

checkmate007

2011/12/03 21:43

>ヤンデレ清姫さん、Veshurunさん、コメントありがとうございます。

駒の美しさは、チェス好きな人なら誰もが思われることで、それがきっかけでチェスを始められた方もおられると思います。それと、将棋には無い『キャスリング』や『アンパッサン』、いづれも普段は飛ばない駒を、あえて飛ばしたりする時のルールで、ゲーム進行の時間の短縮の為に作られたと言う話を何かで読んだ事があります。ヨーロッパの地で異文化の人達が長く愛したチェス。ちなみに『キャスリング』とは英語、『アンパッサン』はフランス語だそうです。

書籍に関しては、やはり日本人には馴染みの薄かったチェス、まだ入門書が多いのはやむを得ないんじゃないでしょうか。日本にはまだまだチェスを知らない人達は沢山おられます。その様な人達がチェスに馴染むなら解り易い入門書が必要になるでしょう。
しかし海外の書籍は凄いですね。だけど将棋に関して言うと日本では『○○流』等と名人の戦法が一冊の本にまとめられた物も有るそうですよ。

yeshurun

checkmate007さんへ

>ヤンデレ清姫さん、Veshurunさん、コメントありがとうございます。 駒の美しさは、チェス好きな人なら誰もが思われることで、それがきっかけでチェスを始められた方もおられると思います。それと、将棋には無い『キャスリング』や『アンパッサン』、いづれも普段は飛ばない駒を、あえて飛ばしたりする時のルールで、ゲ

2011/12/04 05:26

>だけど将棋に関して言うと日本では『○○流』等と名人の戦法が一冊の本にまとめられた物も有るそうですよ。

そうなんですよね。なので、専門に近い本がないから、将棋の得意な人とかがチェスを勉強するのに物足りなくって取り掛からないのかなぁって思ってるんです。

日本で将棋関係探すと、棒銀だけでも数冊、中飛車、4間飛車等もそれだけで一冊とか矢倉、美濃、その辺の変化も優に一冊使って解説しているのが当たり前ですから、勉強好きな日本人としては、そういう感じで専門的な注解書があって、取り組む気が大きくなるんじゃないでしょうか。

まあ、今ですとネットで色々な棋譜が手に入りやすいので、「本がないー;;」ってことにはなり難いでしょうけどね。

checkmate007

yeshurunさんへ

>だけど将棋に関して言うと日本では『○○流』等と名人の戦法が一冊の本にまとめられた物も有るそうですよ。 そうなんですよね。なので、専門に近い本がないから、将棋の得意な人とかがチェスを勉強するのに物足りなくって取り掛からないのかなぁって思ってるんです。 日本で将棋関係探すと、棒銀だけでも数冊、中飛

2011/12/07 02:01

コメントありがとうございます。

チェスは元々外国の物であって、詳しい解説書は海外にしか無いのがあたりまえのようです。
チェス人口から考えても、勿論海外で長い歴史の中で研究された物ですから
詳しい解説は海外になってしまうでしょう。

今はネット等の通信が発展した時代、勿論本自体が手に入らないわけでもないですが
外国語を読むことになっちゃいますね(^_^;)

checkmate007

yeshurunさんへ

>だけど将棋に関して言うと日本では『○○流』等と名人の戦法が一冊の本にまとめられた物も有るそうですよ。 そうなんですよね。なので、専門に近い本がないから、将棋の得意な人とかがチェスを勉強するのに物足りなくって取り掛からないのかなぁって思ってるんです。 日本で将棋関係探すと、棒銀だけでも数冊、中飛

2011/12/11 22:25

12月4日付のyeshurunさんの書き込みに関してですが、

日本にもかなりの棋力が期待できる人の為に、

例えば将棋の強い人が、チェスの棋力も上げようと言う時、

『国内ではチェスの詳しい専門書は少ないじゃないか、
探したところでも外国語で書かれた物ばかりじゃないか』

確かにそうですね(^_^;

そうなれば「翻訳本」の少なさが問題になっちゃいますね(^_^;

checkmate007

2011/12/11 22:48

これは以外や以外!

かの天才物理学者のアインシュタインは、チェスが嫌いだったそうです。(完全チェス読本1 若島正/訳より)

また、フランスの英雄ナポレオンは、戦場では天才的な手腕を振るってきた割には

チェスの棋力に焦点を置けば、いまひとつだったそうです (早わかりチェス 渡井美代子著より)

yeshurun

checkmate007さんへ

12月4日付のyeshurunさんの書き込みに関してですが、 日本にもかなりの棋力が期待できる人の為に、 例えば将棋の強い人が、チェスの棋力も上げようと言う時、 『国内ではチェスの詳しい専門書は少ないじゃないか、 探したところでも外国語で書かれた物ばかりじゃないか』 確かにそうですね(^_^; そうなれば

2011/12/12 21:27

で、海外での入門書ですが、これが結構高度だったりしますね・・・。

ルールを覚えたらいきなりこんな問題が練習問題に・・・
1)白:c2:Q d2:K e2:P f2:P g2:P, 黒:a1:K a2:P b2:P で白番メイトまで・・・。
2)白:c4B f3P h1K h3Q 黒:c6B d6Q e5K f5P 白番でクイーントラップ・・・。
他にもスティールメイトにしろとか・・・。

日本での中級くらいの問題が入門クラスなんだか・・・?って感じですね。

ヒマなら置いてやってみてください。

レスを書き込むにはログインが必要です。

TOP

ID/パスワードを忘れた方

無料会員登録
  • ハンゲあんしんガイド
  • ハンゲの遊び方
  • 掲示板ガイド